↓ワンダーストラック動画フル配信中↓

【公式】TSUTAYA TV申し込みはこちら

無料でワンダーストラックの動画フルを見るならPANDORA、Dailymotion、9tsuより動画配信サービスがおすすめです。

広告も流れず画質も良くトラブルの心配も不要で、配布ポイントで合法的にワンダーストラックの動画fullが無料視聴できます。

サービス名 画質 広告 動画ダウンロード
TSUTAYA TV なし 可能
PANDORA × 約5分に1度 不可
Dailymotion 約2,3分に1度 不可
9tsu ポップアップ広告 不可

ワンダーストラックが配信されている動画配信サービスはいくつかありますが、個人的にはTSUTAYA TVがおすすめ。

有名なサービスで安心感がありますし、30日間は無料でお試し利用できます。

配布されるポイントで新作も月2本視聴可能。(お試し期間中もOK)ワンダーストラックともう1本動画フルが見れます。

私も「ワンダーストラック」の動画フルはTSUTAYA TVで見ました。

ワンダーストラックが配信されている動画サービス

ワンダーストラック1

(C)映画「ワンダーストラック」製作委員会

ワンダーストラックの動画フルは下記サービスで配信されています。


>>TSUTAYA TV
>>U-next
>>music.jp
>>auビデオパス(auユーザー限定)
>>ビデオマーケット
>>dTV

※掲載情報は2018年8月時点のものです。現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

→ ワンダーストラックのあらすじや感想、ネタバレに移動する

TSUTAYA TV

01TSUTAYA
>>TSUTAYATV無料トライアル詳細はこちら<<

TSUTAYAが運営する動画サービスです。

動画見放題は8000作品以上の見放題動画に加え、新作映画2本分の1080動画ポイント付与

定額レンタル8というプランもあり、そちらは月8枚まで新作レンタルし放題(9枚目以降も旧作借り放題)のサービスです。
※お試し期間中の借り放題は新作・準新作以外のDVDが対象です

【TSUTAYA TVのその他の特徴】

30日間は無料で利用可能で、トライアル期間に退会すれば料金は0円
アダルト動画も視聴可能
・DVDを自宅に届けてくれる
・ネット環境に影響されず視聴が快適
動画ダウンロード機能があるのでネットに繋がず移動中の視聴も通信量が不要♪
・倍速再生が可能なので時間がなくてもOK♪(英語学習や速読トレーニングにも○)

新作映画を毎月たくさん観たい場合は正式入会しても損はないサービスなので、まずは無料お試しから利用してみてください。

U-next

02unext

U-nextは国内シェアがかなり大きい知名度抜群の動画配信サービスです。

月額1990円で1200ポイントもらえるのが特徴で、幅広いジャンルをカバーしていて配信動画数は12万本以上、31日間は無料トライアル期間なのでお試し利用ができます。

無料トライアル期間にもらえる600ポイントで新作の動画フルも視聴可能です。

【U-nextのその他の特徴】

・無料期間中でも見放題動画は好きなだけ観れる
・動画以外に70誌以上の雑誌の最新号も見放題
アダルト動画も視聴可能
・マルチデバイス対応でいろんな端末で観れる
動画ダウンロード機能があるのでネットに繋がず移動中の視聴もOK♪

家族アカウントを4つまで作成できるので家族とシェアもできますし、視聴履歴は削除できるのでアダルトコンテンツを観ていることはバレません。

music.jp

Musicjp
music.jp30日無料お試し

music.jpはエムティーアイが運営する音楽配信サービスですが、音楽の他に動画や本なども扱っています。

動画なんと18万本、申し込むと新作映画11本分の動画ポイント付与
(無料期間中でも映画5本分の2461ポイントとかなりお得です。)

【music.jpのその他の特徴】

30日間は無料で利用可能で、トライアル期間に退会すれば料金は0円
・デジタル限定の先行配信もあり
・毎月映画やドラマの50%オフクーポン配布
・マルチデバイス対応で専用チャンネルも動画アプリで視聴可能

新作映画を毎月たくさん観たい場合は正式入会しても損はないサービスなので、まずは無料お試しから利用してみてください。

auビデオパス

07auvideopass

auビデオパスは月額540円30日間無料お試し期間あり。

見放題の動画に加えて、毎月540コインがもらえます。

配信動画数は10000本と少なく感じるかもしれませんが、主要ジャンルや人気作品は一通り配信されていて厳選された1万本という感じです。

auビデオパスを使っていて作品数の少なさに不満を感じることはありませんでした。

また、映画の割引サービスなどもついてくるので、月に新作を1本でも観る場合は申し込んでおいて損はないサービスになります。

07auvideopass2

・TOHOシネマズ → 毎週月曜日は1100円(ポップコーンも半額)
・ユナイテッドシネマズ → 割引きクーポン毎日1400円

と、映画館で映画を見たい派には嬉しい特典です。

auIDが必要なのでauユーザーしか申し込めないのが残念なポイントですが、月額料金も安いので動画配信サービスとしておすすめです。

ちなみに、auユーザーに特化しているサービスだからか申し込みに面倒な確認作業など不要で驚くほどあっという間に完了します。

解約も簡単なので動画の視聴開始までストレスがないのが特徴です。

ビデオマーケット

06videoma

ビデオマーケットは動画フルの配信数が20万本以上とかなり規模が大きいです。

少し前まで16万本とか17万本とかだったので、本数はどんどん増えています。

初月無料なので気軽にお試しが可能。

月額500円と月額980円のコースが2つあり、月額500円の方はポイントに応じて単品レンタルのみですが、月額980円の方になると単品レンタルに加えて2万本以上の動画も見放題になります。

付与されるポイントは繰越可能で180日間保有することができるので、見たい新作映画がない場合は貯めておけるのも嬉しいポイントです。

dTV

04dtv

dTVはドコモが運営する動画配信サービスです。(ドコモユーザー以外も申込可能)

月額500円という料金の安さが魅力の動画配信サービスで約12万本の動画が観れます。

動画の端末ダウンロードが可能なので、家のWi-Fiでダウンロードしておけば外でも通信量を気にせず視聴できます。

公開している配信作品数は12万本ですが、ショートムービーなどが多く含まれるので、実際の動画は25000本くらいになりますが、月額料金の安さを考えるとお得です。

【dTVのその他の特徴】

・最初の31日間はトライアル期間なので無料で利用可能
・トライアル期間中の退会(解約)で料金は1円もかからない
・無料期間中でも見放題動画は好きなだけ観れる
4K画質に対応
・マルチデバイス対応でいろんな端末で観れる
動画ダウンロード機能があるのでネットに繋がず移動中の視聴もOK♪

PANDORAやDailymotionでも見れる?

Daily

Dailymotion(デイリーモーション)はフランス、PANDORA(パンドラ)は韓国の動画共有サービスで、DailymotionでもPANDORAでもドラマやバラエティ、映画やアニメが違法アップロードされていることがあります。

DailymotionもPANDORAも広告費で運営しているサービスで無料なので、DailymotionやPANDORA、9tsuでワンダーストラックの動画フルを見たいと考える人もいますが、あまりおすすめできません。

というのも広告の頻度が多く消すのが異常に面倒で、中にはスキップできない広告まで。

私も利用したことがありますがストレスが貯まるのでやめました。

唯一、9tsuは広告が少なめですがアダルト広告が別ブラウザで起動したりと、使っていて怖かったのでおすすめしません。

また、動画を録画してアップするので画質も悪く、ツイッターでウィルス感染の報告も見かけるなどセキュリティ面も怪しいです。

こういった心配やストレスを感じるくらいならU-nextやTSUTAYA TVなどの無料期間を利用してワンダーストラックの動画フルを観た方が安心で快適ですよね。

ワンダーストラック作品情報

ワンダーストラック2

(C)映画「ワンダーストラック」製作委員会

ワンダーストラックのあらすじやキャスト、製作などの基本情報です。

ワンダーストラック 製作情報

タイトル:ワンダーストラック
収録時間:117分
製作年/製作国:2017年/アメリカ
配給会社:KADOKAWA
監督:トッド・ヘインズ
脚本:クリスティーン・ベイコン,パメラ・コフラー,ジョン・スロス
原作:ブライアン・セルズニック
製作:ブライアン・セルズニック
総指揮:ブライアン・ベル,サンディ・パウエル
音楽:カーター・バーウェル

ワンダーストラック キャスト

【キャスト/役名】
オークス・フェグリー/ベン
ミリセント・シモンズ/ローズ(12歳)
ジュリアン・ムーア/ローズ(12歳)
ジェイデン・マイケル/ジェイミー
コリー・マイケル・スミス/ウォルター(20歳)
トム・ヌーナン/ウォルター(70歳)
ミシェル・ウィリアムズ/エレイン
エイミー・ハーグリーブス/ジェニー
モーガン・ターナー/ジャネット
ソーヤー・ニューンズ/ロビー
ジェームズ・アーバニアク/ローズの父親

ワンダーストラック あらすじ

以下、ワンダーストラックのあらすじです。

1977年、ミネソタ。母親を交通事故で亡くした少年ベンは、母の遺品の中から、会ったことのない実父に関する手がかりを見つける。その50年前、1927年のニュージャージー。厳格な父に育てられる聴覚障害の孤独な少女ローズは、憧れの女優リリアン・メイヒューの記事を集めたスクラップブックを大切にしていた。ある日、ベンは父を捜しに、ローズは憧れの女優に会いに、それぞれニューヨークへ向かう。2人の物語は、やがて不思議な縁で結びつき……。

ワンダーストラックの結末や感想

ワンダーストラック5

(C)映画「ワンダーストラック」製作委員会

ワンダーストラックを見た感想や結末です。ネタバレを含んでしまう可能性大なので、結末のネタバレ無しでワンダーストラックを観たい場合は、下記から視聴可能です。

※掲載情報は2018年8月時点のものです。現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

 

ここからワンダーストラックの結末と感想です。(ネタバレしたくない場合は注意)

 

ワンダーストラックの結末

1977年、ベンがキンケイド書店の移転先に行くと難聴の女性が入ってくる。その女性はベンが落としたワンダーストラックを見て驚く。女性の名前はローズで主人がウォルターだったのです。

そして、ローズと便はクイーンズ美術館に向かいます。到着した時はすでに閉館していましたが、ローズが持っていた鍵で侵入してパノラマ模型を見に行きます。

ローズはウォルターの元でろう学校に通っていて、そこで知り合った男性と結婚し、ダニーを産んでいました。そしてクイーンズ美術館でパノラマ模型の管理をするために働いていたのです。

息子のダニーも博物館につとめ、オオカミのジオラマの仕事で知り合ったエレインと愛し合いながらも病気でなくなっていました。

ローズはエレインと一緒にオオカミのジオラマを見に来ていたベンを覚えていたのです。ラストはニューヨークの街が停電する中、ベンとローズとジェイミーの3人で美術館から街を見下ろすところで映画「ワンダーストラック」は結末を迎えます。

ワンダーストラックの感想

ワンダーストラックを見た感想ですが、最初はちょっと理解するのが大変でした。意味がわかってくると面白かったのですが少し時間が長いので途中で疲れてしまう可能性もあるかもしれません。

聴覚障害を活かした演出は見事で面白く、ベンのシーンと少女ローズのシーンをカラーと白黒で分けるシーンも工夫されていました。

ちなみに、ワンダーストラックという言葉の意味は「驚きと幸せの一撃」のようです。直訳すると「驚きの念に打たれた」「あっけにとられた」というニュアンスの意味になります。

ワンダーストラックの動画をフル視聴するなら下記がおすすめ。無料で見れます。

↓U-nextでも配信中↓

※掲載情報は2018年8月時点のものです。現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。