↓7月4日「15時17分、パリ行き」動画フル配信予定↓

【公式】TSUTAYA TV申込みはこちら

無料で15時17分、パリ行きの動画フルを見るならPANDORA、Dailymotion、9tsuより動画配信サービスがおすすめです。広告も流れず画質も良くトラブルの心配も不要で、配布ポイントで合法的に15時17分、パリ行きの動画fullが無料視聴できます。

サービス名 画質 広告 動画ダウンロード
TSUTAYA TV なし 可能
PANDORA × 約5分に1度 不可
Dailymotion 約2,3分に1度 不可
9tsu ポップアップ広告 不可

15時17分、パリ行きが配信される予定の動画配信サービスはいくつかありますが、個人的にはTSUTAYA TVがおすすめ。

動画フル配信日は7月4日予定です。
他の動画配信サービスの配信情報等も分かり次第更新します。

有名なサービスで安心感がありますし、自宅にいながらDVDレンタル借り放題(お試し期間中は新作・準新作レンタル不可)、配布されるポイントで新作も月2本視聴可能。(お試し期間中もOK)15時17分、パリ行きともう1本動画フルが見れます。

私も「15時17分、パリ行き」の動画フルはTSUTAYA TVで見ました。

15時17分、パリ行きが配信されている動画サービス

15時17分パリ行き動画1
(C)2017映画「15時17分、パリ行き」製作委員会

15時17分、パリ行きの動画フルは下記サービスで配信されています。


>>TSUTAYA TV
>>ビデオマーケット

※掲載情報は2018年6月時点のものです。現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

→ 15時17分、パリ行きのあらすじや感想、ネタバレに移動する

TSUTAYA TV

01TSUTAYA
TSUTAYATV無料トライアル

TSUTAYAが運営する動画サービスです。

動画見放題は8000タイトル以上の見放題動画に加え、新作映画2本分の1080動画ポイント付与

定額レンタル8は月8枚まで新作もレンタルし放題(9枚目以降も旧作借り放題)のサービスです。
※お試し期間中の借り放題は新作・準新作以外のDVDが対象です

【TSUTAYA TVのその他の特徴】

30日間は無料で利用可能で、トライアル期間に退会すれば料金は0円
アダルト動画も視聴可能
・DVDを自宅に届けてくれる
・ネット環境に影響されず視聴が快適
動画ダウンロード機能があるのでネットに繋がず移動中の視聴も通信量が不要♪
・倍速再生が可能なので時間がなくてもOK♪(英語学習や速読トレーニングにも○)

新作映画を毎月たくさん観たい場合は正式入会しても損はないサービスなので、まずは無料お試しから利用してみてください。

ビデオマーケット

06videoma

ビデオマーケットは動画フルの配信数が20万本以上とかなり規模が大きいです。

少し前まで16万本とか17万本とかだったので、本数はどんどん増えています。

初月無料なので気軽にお試しが可能。

月額500円と月額980円のコースが2つあり、月額500円の方はポイントに応じて単品レンタルのみですが、月額980円の方になると単品レンタルに加えて2万本以上の動画も見放題になります。

付与されるポイントは繰越可能で180日間保有することができるので、見たい新作映画がない場合は貯めておけるのも嬉しいポイントです。

PANDORAやDailymotionでも見れる?

Daily

Dailymotion(デイリーモーション)はフランス、PANDORA(パンドラ)は韓国の動画共有サービスで、DailymotionでもPANDORAでもドラマやバラエティ、映画やアニメが違法アップロードされていることがあります。

DailymotionもPANDORAも広告費で運営しているサービスで無料なので、DailymotionやPANDORA、9tsuで15時17分、パリ行きの動画フルを見たいと考える人もいますが、あまりおすすめできません。

というのも広告の頻度が多く消すのが異常に面倒で、中にはスキップできない広告まであります。

私も利用したことがありますがストレスが貯まるのでやめました。

唯一、9tsuは広告が少なめですがアダルト広告が別ブラウザで起動したりと、使っていて怖かったのでおすすめしません。

また、動画を録画してアップするので画質も悪く、ツイッターでウィルス感染の報告も見かけるなどセキュリティ面も怪しいです。

こういった心配やストレスを感じるくらいならU-nextやTSUTAYA TVなどの無料期間を利用して15時17分、パリ行きの動画フルを観た方が安心で快適ですよね。

15時17分、パリ行き作品情報

15時17分パリ行き動画6
(C)2017映画「15時17分、パリ行き」製作委員会

15時17分、パリ行きのあらすじやキャスト、製作などの基本情報です。

15時17分、パリ行き 製作情報

タイトル:15時17分、パリ行き
収録時間:94分
製作年/製作国:2018年/アメリカ
配給会社:ワーナー・ブラザース映画
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ドロシー・ブリスカル
原作:アンソニー・サドラー、アレク・スカラトス、スペンサー・ストーン、ジェフリー・E・スターン
製作:クリント・イーストウッド、ティム・ムーア、クリスティーナ・リベラ、ジェシカ・マイヤー
総指揮:ブルース・バーマン
音楽:クリスチャン・ジェイコブ

15時17分、パリ行き キャスト

【キャスト/役名】
アンソニー・サドラー/アンソニー・サドラー
アレク・スカラトス/アレク・スカラトス
スペンサー・ストーン/スペンサー・ストーン
ジェナ・フィッシャー
ジュディ・グリア
レイ・コラサニ
P・J・バーン
トニー・ヘイル
トーマス・レノン
ポール=ミケル・ウィリアムズ/アンソニー・サドラー(少年時代)
ブライス・ガイザー/アレク・スカラトス(少年時代)
ウィリアム・ジェニングス/スペンサー・ストーン(少年時代)

15時17分、パリ行き あらすじ

以下、15時17分、パリ行きのあらすじです。

2015年8月21日、オランダのアムステルダムからフランスのパリへ向かう高速列車タリスの中で、銃で武装したイスラム過激派の男が無差別殺傷を試みる。しかし、その列車にたまたま乗り合わせていた米空軍兵のスペンサー・ストーンとオレゴン州兵のアレク・スカラトス、そして2人の友人である青年アンソニー・サドラーが男を取り押さえ、未曾有の惨事を防ぐことに成功する。

15時17分、パリ行きの結末や感想

15時17分パリ行き動画4
(C)2017映画「15時17分、パリ行き」製作委員会

15時17分、パリ行きを見た感想や結末です。ネタバレを含んでしまう可能性大なので、結末のネタバレ無しで15時17分、パリ行きを観たい場合は、下記から視聴可能です。

【公式】TSUTAYA TVトライアル申し込み<

↓U-nextでも配信中↓

【公式】U-next無料トライアルはこちら(31日無料)

※掲載情報は2018年6月時点のものです。現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

 

ここから15時17分、パリ行きの結末と感想です。(ネタバレしたくない場合は注意)

 

 

15時17分、パリ行きの結末

15時17分、パリ行きの予告でも描かれていますが、列車内で起きたテロに立ち向かう3人の青年スペンサー、アレク、アンソニー。

予告動画でテロリストに立ち向かっていたのはスペンサーです。

結末としては、テロリストの銃がなぜか発砲されず、無事にテロリストを捕まえます。

そして、未曾有のテロを未然に防いだ3人に、アメリカとフランスから勲章が贈られるという内容で15時17分、パリ行きは結末を迎えます。

15時17分、パリ行きの感想

15時17分パリ行き動画2
(C)2017映画「15時17分、パリ行き」製作委員会

15時17分、パリ行きの感想ですが、これは賛否両論わかれる映画だなと思いました。

15時17分、パリ行きは実話を基にした映画なんですが、主演の3人はその実体験をした3人本人です。

本人たちに当時の様子を再現してもらって、それをそのまま撮影した映画ということで、臨場感やリアルさが伝わってきました。

ただ、予告だけ見て15時17分、パリ行きを見てしまうと、おそらくがっかりするんじゃないかなと思いました。

映画の大半の時間は、普通の3人がテロリストに向かうまでの背景を描いているので、テロとは無関係の平和なシーンばかりです。

ですから列車内での事件がメインで、派手なアクションやテロと対峙した人間の心理描写などのスリルを期待して動画フルを見てしまうと、拍子抜けしてしまうでしょう。

そうではなくて、「15時17分、パリ行き」は実際の事件の場にいた3人のリアリティを楽しむ映画なので、見る前にこの事前知識は持っておいた方がいいんじゃないかなと思いました。

7月4日から動画フル配信予定
【公式】TSUTAYA TVトライアル申し込み<

※掲載情報は2018年6月時点のものです。現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。